認知症疾患医療センターとは

 当院は県からの指定を受けて、平成26年9月1日より「認知症疾患医療センター」を開設しました。認知症疾患医療センターでは、認知症の患者さんとそのご家族が住み慣れた地域で安心して生活が出来るための支援の場所として、都道府県や政令指定都市が指定する病院に設置するもので、認知症疾患における鑑別診断、地域における医療機関等の紹介、医療の相談の受付などを行います。

業務概要

  • 1. 専門医療相談
  • 2. 鑑別診断とそれに基づく初期対応
  • 3. 合併症・周辺症状への急性期対応
  • 4. かかりつけ医等への研修会の開催
  • 5. 認知症疾患医療連携協議会の開催
  • 6. 情報発信

専門医療相談について(電話、面談無料)

 もの忘れが目立つようになったら、まずはかかりつけの先生に相談してみて下さい。かかりつけの先生が認知症の診断・治療をしてくださるようでしたら、そのまま治療をお願いしましょう。認知症のお薬は飲み薬や貼り薬がありますが、どれも特別な医療機関でないと処方できないものではありません。もし、かかりつけの先生では判断が難しいようでしたら、認知症疾患医療センターを紹介していただいて下さい。診断をさせていただき、治療方針をご提案した後にかかりつけの先生に再びご紹介します。かかりつけの先生がいない場合は直接ご連絡いただいても結構です。
 他にも認知症について、尋ねたいことや不安に思うことがあれば遠慮なくご相談ください。

受付時間 月曜日から金曜日  午前9時〜午後5時
土日、祝祭日、年末年始は除く
相談窓口電話番号 0977−23−2200(専用電話)
専門医療相談について

相談窓口電話番号(専用電話)

0977-23-2200

電話・面談無料

受付時間 月曜日から金曜日
午前9時〜午後5時
休診日 土曜日、日曜日
祝祭日、年末年始

ページの先頭に戻る