プライバシーポリシーサイトマップ
医療法人慈愛会 向井病院 人が人として健やかであるために・・・
入院について

診察の結果、外来で治療を行うことが難しい場合や入院治療を行うほうが望ましいと判断された場合に入院治療が勧められます。入院はおおまかに以下の3つの形態があります。

  1. 任意入院・・・患者さまご自身が入院を希望されたとき
  2. 医療保護入院・・・患者さまが入院の必要性を十分に理解できない状態にあるかもしくは入院して治療を受けることへの拒否がある場合で、診察した指定医(*1)が入院の必要があると判断し、加えてご家族(*2)の入院への同意が得られたとき
  3. 措置入院・・・精神症状が原因で自分自身を傷つけたり、他人に害を及ぼすおそれのある場合で、指定医二人以上の診察で入院の必要があると判断が一致したとき
    都道府県知事の命令による強制入院であるため、患者さまやご家族の同意とは関係なく行われます。

*1・・・厚生労働大臣は、その申請に基づき、次に該当する医師のうち第19条の4に規定する職務を行うのに必要な知識及び技能を有すると認められる者を、精神保健指定医(以下「指定医」という。)に指定する。

  1. 5年以上診断又は治療に従事した経験を有すること
  2. 3年以上精神がい害の診断又は治療に従事した経験を有すること
  3. 厚生労働大臣が定める精神障がいにつき厚生労働大臣が定める程度の診断又は治療に従事した経験を有すること
  4. 厚生労働大臣の登録を受けた者が厚生労働省令に定めるところにより行う研修(申請前1年以内に行われたものに限る。)の課程を修了していること

*2・・・配偶者、父母、祖父母等、子・孫等、兄弟姉妹
     後見人又は保佐、家庭裁判所が選任した扶養義務者

ページTOPへ戻る▲

入院の手続きに必要なもの
  • 健康保険証・介護保険証(お持ちの方のみ)
  • 印鑑(認印で結構です)
  • 入院同意書(当院にて用意しています)
  • 保証書(当院にて用意しています)
  • 諸経費(\30,000程度)


ページTOPへ戻る▲

入院に際して準備して頂くもの
  • 洗面用具・・タオル、石鹸、石鹸箱、洗面器、シャンプー、リンス、歯ブラシ等。
  • 衣類・・・・普段着、下着、(各上下5〜6組程)
  • 日用品・・・ティッシュペーパー・コップ(プラスチック製)・ヘアーブラシ・運動靴等

注)(1)所持品には、必ず名前をお書きください。
  (2)貴重品や多額の現金は持ち込まないでください。
  (3)費用の事や保険等、どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

所持品の制限についてのお願い

  • 事故防止のため下記のものは病院内に持込ができませんので、ご協力をお願いいたします。ご協力いただけない場合は入院をお断りすることや退院していただくこともあります。
    * マッチ・ライター・刃物(ナイフ、カミソリ等)・ひも類
  • 食料品の持込について
    * 必ず看護師にご相談ください。
ページTOPへ戻る▲

入院中の生活
病棟の特徴

認知症疾患治療病棟 1病棟 (60床)

認知症疾患治療病棟 1病棟日常生活動作の低下や認知症症状の進行を防ぐため、生活リハビリテーションに力を入れ、毎日戸外でのラジオ体操を行うことで他病棟の患者さまやスタッフとの交流の場をもうけています。また、病棟内は全てバリアフリーであるため廊下を使った歩行訓練ができ、中庭へも自由に出られるような作りにしたことで安全で開放的な空間になっています。加えてナースステーション内には4室の観察室があり、すべての部屋に酸素や吸入器を備えて緊急時にはスムーズに対応できるようにしました。
ふれあいを大切にし高齢者を寝たきりにせず、孤独にしないことを常に意識してさまざまな職種が協力しながら日常生活をサポートしています。

ページTOPへ戻る▲

精神療養病棟 2病棟 (60床)

精神療養病棟 2病棟 月に2回のナイトミーティングや引き出しカードを使用した金銭の自己管理など社会復帰へ向けた取り組みを行っています。9時から17時までドアが開放されているため、自由に屋外での運動も出来ます。
社会復帰を目標としたプログラム(日常生活技能訓練・買い物教室・料理教室・金銭の自主性を持った自己管理と生活の質の向上を目指した取り組みを作業療法士とともに行い退院へと導くように取り組んでいます。また、病院恒例の盆踊り大会や運動会では、患者さまとスタッフが準備段階から一緒になって頑張っております。ボランティア活動としても堀田地区周辺の清掃活動を行ったり地域の皆様と交流を図っています。

ページTOPへ戻る▲

精神一般病棟 3病棟 (68床)

精神一般病棟 3病棟 様々な状態にある入院患者さんを受け入れる重要な役割を担っており、内科医も常駐しているため、精神科治療のみならず、糖尿病をはじめとする合併症の治療もある程度行うことが可能です。環境面においては、当院の最上階に位置し、同じフロアにある大浴場、小浴場、露天風呂とともに景色は最高です。
ページTOPへ戻る▲