プライバシーポリシーサイトマップ
医療法人慈愛会 向井病院 人が人として健やかであるために・・・
内科
精神科が母体である当院ですが、心を病んでいる患者様が身体の病から解放されるとは限りません。高齢社会を迎えた今、メタボリックシンドローム(内臓肥満を基礎として発症、高血糖、高脂血症、高血圧症などが存在する複合生活習慣病)をはじめ、老人性肺炎・心疾患と患者様の合併症は多岐にわたっています。それにともない精神科病院の「内科的治療」が重要性を増してきました。したがって当院でもCT・超音波検査・脈波図心機図検査(動脈硬化の程度が簡単にわかります)・迅速に測定可能な生化学機器などを導入して、早期に初期診断をつけることができるように努めています。もちろん必要であれば専門病院を受診していただく体制作りも行っています。また、中心静脈栄養の管理・経鼻栄養・胃瘻からの経腸栄養の管理も可能です。当院では早くから栄養管理による疾病予防に力を入れてきましたが、さらに組織化して行っていくために()NSTを立ち上げて多職種での回診もなされています。当病院における身体疾患は多くの領域にわたっていますが、中でも多いのは糖尿病の合併症をもつ患者様です。厚生労働省が行った糖尿病実態調査では、可能性を否定できない人を合わせると成人の約6人に1人は糖尿病といわれています。年々増加傾向にあることが社会問題化していますが、精神科病院でももちろん増加しており、実に入院患者さんの約1割に糖尿病の合併を認めています。また、糖尿病をもつ人は「うつ病」の発症頻度は2倍に増加するともいわれています。精神症状が理由で身体疾患の治療を受けることが困難になっている患者様が、少しでもいい医療が受けられるようにこれからも努力していきたいと思っています。

 NST(栄養サポートチーム)

NSTとは、Nutrition Support Teamの略語です。患者様の栄養管理は、全ての治療の基礎となります。栄養管理をおろそかにすると治療効果が半減したり、合併症や副作用が出る可能性が高くなったりします。また、栄養状態が悪いと床ずれ(褥創)ができたり、食べ物や飲み物がうまく飲み込めないことにより肺炎(嚥下性肺炎)を起こしたりすることもあります。そのため多くの職種が協力し、個々の患者様のために栄養面から治療をサポートするチームがNSTです。具体的には医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、作業療法士といった職種でチームを作り、患者様の食事量や活動性、血液検査データ、体重などを総合的に検討して、褥創の危険度を判定したり、必要栄養量を決めてそれを摂取してもらうための方法を考えていくことで治療に介入していきます。
イメージ