グループホームほりた

グループホームとは

グループホームは、共同生活を営みながら必要に応じて、食事の世話、日常生活における相談、指導等の援助行うことにより、精神障がい者の自立生活を助長することを目的とする施設です。

対象となる方

対象者は精神障がい者であって、日常生活上の援助を受けないで生活することが困難であるか、または適当でない方で、一定程度の自活能力があり、数人で共同の生活を送ることに支障がない方です。また、日常生活を維持するに足りる収入があることが必要です。

入所案内

利用料について

50,000円/月内訳家賃
食料材料費
水道光熱費
日用品費
20,000円
25,000円
4,000円
1,000円

*毎月1日に当月分をお支払いください。
*ご利用日数が半月に満たない場合は半額をご返金いたします。また、半月を越す場合には、全額をご負担いただきます。

食事について

基本的には、世話人・利用者で協力しあい準備をしてもらいます。

金銭・貴重品の管理について

原則各利用者による管理とします。しかし、利用者の状態・状況に応じ、同意の下で世話人による管理を行う場合もあります。また、施設内においての損失・紛失が生じても責任は負いかねますので、貴重品などは持ち込まないようにお願いいたします。

日常生活について

  • グループホームでの生活の目的は社会復帰の支援です。入所中はそれぞれに応じたプログラムに参加してもらうことが原則です。
  • 食事の用意以外は基本的に各利用者の責任で行っていただきます。(洗濯、掃除、散髪など)
  • 但し共用部分の清掃などは分担となります。

外泊・外出について

外出・外泊は原則自由ですが、世話人に申し出をお願いいたします。

施設の利用方法について

  • 施設内の共用設備や備品は大切に使用するようにお願いいたします。
  • 利用者の過失による破損が明らかな場合は賠償の対象になります。
  • 火気の取扱には十分に注意をし、所定の場所以外での喫煙等はしないで下さい。
  • 施設内へのペットの持ち込み、及び飼育はご遠慮下さい。
  • 施設内で他の利用者に対する宗教活動、政治活動は行わないで下さい。
  • 施設内への立ち入りは関係者および利用者のご家族のみとさせていただきます。
  • 利用者のご家族が宿泊を希望される場合は世話人にご相談ください。

衣類について

(押入れがある部屋と無い部屋があります。また、タンスなどの収納道具は設置していませんので、衣装ケースなどをご用意ください。)

日用品について

1)洗面用具一式
2)お箸(他スプーン・フォークや食器類、料理器具はすべて揃っています)
3)その他、ヒゲ剃りなど個人的に必要な物はご用意ください。

布団について

一式ご用意しておりますが、お持ちの方はご持参下さい。(ベッドも可です)

洗濯道具について

1)洗剤
2)ハンガー、物干しなど(共同の洗濯機があり、自由に使用することができます)

電気代について

部屋ごとに電気のメーターが備え付けてあります。利用料の中に光熱費(4,000円)が設定されていますが、不足分は別途徴収させていただきます。

持ち物について

日常生活に不要なものや危険物の持ち込みは禁止とします。また他の利用者,近隣の居住者に迷惑になると判断される物の持ち込みもご遠慮下さい。
談話室にテレビがありますので、各部屋へのテレビの持ち込みもご遠慮ください。

カギについて

利用者の方には各1個ずつカギを持っていただきます。紛失をした場合には実費を徴収させていただきます。

窓口医療機関について

当施設のかかりつけ医は向井病院です。他医療機関の診察を希望される場合は主治医にご相談ください。

医療機関受診について

通院にかかる交通費・医療費は個人負担となります。