基本理念

  1. 安心と納得のいく医療
  2. 温かい人間関係
  3. 良い医療者の育成

基本方針

  1. 患者さまが安心して医療を受けられるように努めます。
  2. 患者さまといつも笑顔で接します。
  3. より良い医療が提供できるよう、すすんで研修会に参加して自己研鑽に励みます。
  4. 広報活動を積極的に行い、地域の人々の理解と協力を得るように努力しながら患者さまの社会復帰を目指します。

患者さまの権利と義務

 患者さまは、人としての尊厳を保ちながら、より良い医療を受ける権利を持っています。

また、医療は患者さまと医療提供者がお互いの信頼に基づき共同して作り上げていくものであり、患者さまに主体的に参加していただくことが必要です。

 

患者さまの心の健康を守ることを使命とする当院は、このような考えに基づいて「患者権利憲章」を制定しています。

  1. 最善の精神科医療を受ける権利
  2. 人道的に、かつ人間としての尊厳を保たれる権利
  3. プライバシーが守られる権利
  4. コミュニケーションの自由
  5. 精神科医療における知る権利
    ・自分の状態を治療者がどのように受け止めているかを知る権利
    ・治療行為が自分にどのような影響をもたらすかを知る権利
    ・入院、退院の決定について知る権利
    ・処遇や医療の質について不服を申し立てる手段や手順について知る権利
  6. 不必要な制限や身体的拘束をされない権利