美味しくて健康になる50℃洗い

当院では、食材を50℃のお湯で洗っています。

 50度洗いとは、

別府市で生まれ、蒸気エンジニアリングを専門になさる平山一政先生が低温スチームの研究のなかで発見された方法です。別府市の鉄輪富士屋ギャラリーで、低温スチーム料理教室が行われており、そのインストラクターコースを当院栄養士取得中です。保険診療の病室においては、食材にかける費用は決まっており、その限られた中で、患者様に、ミネラル豊富で栄養価高く、酸化、糖化を防ぎ体の免疫バランスを損なわないようなお食事を作ることを日々模索しております。

 

50度洗いにより、

  • 硫化ジメチルが揮発し野菜の生臭みをとる
  • 魚や肉の表面の酸化した油がとれ、その生臭い原因のアミン系の匂いも揮発する
  • 表面に付着した農薬、ワックス、雑菌が10分の1に減る
  • ペクチンの架橋により、野菜がシャキシャキする
  • 気功が開き、外から水分を取り込む
  • アミラーゼが活性化し、野菜、果物が甘くなるなどの効果があるようです。

大腸菌が多いもやしも、50℃のお湯で洗って、スッキリ・シャキッと!臭みなし!!

ぬくぬく

旬のふきもアクやえぐみをとって、美味しくなーれ!

ぽかぽか


是非皆さんもお試しください。